HOMEPRJの取り組み

【真珠本来の価値を取り戻すために】PRJの取り組み

【PRJだからできること。あこや真珠のトレーサビリティー】生産地・生産者・加工者がわかる真珠を販売します。

真珠はお米やワインと同じで毎年出来(品質や出来高)が違います。大事なのは「いつ」「どの養殖場(お米やワインでいうと生産地)」で採れた物かということです。お持ちの真珠は、それがわかりますか?

PRJは今や、日本一の品質管理、高品質保持で名高い長崎県・壱岐の上村真珠養殖場の真珠のみを扱っています。さらに、お客様の手元に真珠が届くまでの経 緯をお伝えする、あこや真珠のトレーサビリティー化を進めています。日本の女性を美しく飾る真珠。身につけるものだからこそ、生産地・生産者・加工者がわ かる真珠をお選びください。

PRJの3つのポリシー

1.単一養殖場の珠を厳選ししようします。
PRJ社は真珠のステイタスを明確にするために一切のミックス商品を使いません。すべての製品は単一の養殖場から取れたものとします。
生産される養殖場を限定することで新しい価値観を明確にします。
一般的に作られている生産地をミックスされた製品ではなく、一ヶ所限定の養殖場から生産された製品のみの取り扱いに限定することでステイタス・アフターサービスの確立を目指します。
2.すべての製品にSort(ソート)を表記します。
PRJ社はすべての真珠製品に「加工の程度(レベル)」を明記します。
※加工の程度の基準としてSort(ソート)で表記
【バージンソート(無調整)】【ヌードソート(染み抜きのみ・無調整)】【メークアップソート染み抜きのみ(軽い調整あり)】
加工の程度Sort(ソート)を情報開示する事で安心のアフターケアと差別化を追求し、未来に伝えるべき日本産あこや真珠のスタンダード作りに取り組みます。
その加工の程度の表示においてその加工業たる有限会社上村真珠は信義を大切にし、業務に従事致します。
3.識別書(生産地・生産者・加工者・ソート表記)付きで販売いたします。
PRJ社の真珠にはすべて、「保証書」をお付けしてお客様の手元にお届けします。
ページのトップへ戻る

【生きた宝石、あこや真珠を守り伝えるために】あこや真珠が育つ養殖場の海を取り巻く環境改善

PRJのパートナーであり、商品の提供先でもある上村真珠では、養殖場である壱岐・半城湾を取り巻く周辺の土地を出来る限り買い取り、上質な土、樹木の植林開発にも取り組んでいます。生きた宝石と呼ばれるあこや真珠を後世に伝えるために環境の改善にも力を入れております。

あこや母貝×お酢

クレオパトラが愛飲した真珠ドリンク再生プロジェクト
大切に育てたあこや母貝。これまで特 に再利用法がないとされていたあこや母貝を使って何かできないか。ここからスタートしたのが高カルシウムのあこや母貝とお酢とのコラボレーション、かのク レオパトラも愛飲していたと言われる真珠ドリンクの再生プロジェクトです。きれいに磨き上げたあこや母貝と真珠を溶かし込んだ、お酢を作る。現在、地元福 岡の果物(柿、葡萄)を使ったお酢の製造販売を展開中の有限会社九州酢造代表、案浦龍巳氏の協力を得て共同開発をしました。 クレオパトラが愛飲した真珠ドリンク再生プロジェクト

あこや貝×珍味

あこや貝を知る上村氏ならではの秘伝の味
真珠貝貝柱粕漬 浜上げ直後に取り出したあこや貝の貝柱を自家製の粕漬けにしています。この作り方は、日本一の真珠養殖マイスター、上村治氏ならではの秘伝です。 毎年、お世話になった方々へ贈り、肉厚でお酒にもご飯にも合うと大変喜ばれています。これもまた、あこや貝の新しい、美味しい一面です。