HOMEコラム結納代わりに

【結納代わりに】 四季のジュエリー

先日、こんなご注文とご相談がありました。
「結納の際の贈り物にしたいので桐箱にいれていただけますか?またどのくらいの金額のものが妥当なのでしょうか?」
近年結納をするカップルは少なくなっているといわれていますが、それでも「婚約記念の食事会」や「顔合わせ」などの名目で結納の代わりをするものが増えてきています。それぞれの感覚や金額によって大きく違います。
それだけに「一般的に」という言葉が一番難しいのがこの結納や婚約の品物です。
結納飾りの代わりに

そのさい新郎側のご家族が気になるのが結納品です。正式なものであれば結納品というセットもありますが、簡略した食事会でそれらを出すのは少しやりすぎな感もあります。そこで困って相談される方も多いようです。

結納という言葉は使わないまでも似たような形でする以上、何かの形で新郎側が花嫁に歓迎の形を示したいと思うのは当然のことです。そのために結婚後も使用できるジュエリーとりわけ結婚式の時のサムシングフォーでも使用できる真珠のネックレスは新婦の好みなどに左右されることもないため一番定番になりつつあるものです。金額に関しては弊社にご相談される方の場合、結納金の 30%程度を目安にされる方が多いようです。

以前は関西などの結納が派手な地域では「ブランドはxxxのバッグにしてください」や「xxxxのプチペンダント」などを花嫁側が指定する場面も多くありましたが、流行に左右されることも多く使うチャンスがない場合もあって、真珠のネックレスが見直されてきたようです。

たとえば、一般花珠基準を充分クリアするAAのシンプルなネックレスは大変よろこばれています。

パール・ルネサンス・ジャパンではケースバイケースに応じてのご注文も承っております。お気軽にご相談ください。

 

パールコンシェルジュのおすすめジュエリー

ご結婚が決まったお嬢さまや海外に行かれた女性が一番気になるのが「適度なおしゃれ」。がんばりすぎても恥ずかしいし、だからといって何もつけないのもいつも悩みます。という声から生まれました。 皆様の平素のおしゃれに活躍させてください。

 

 

 


このページのトップへ